ジュエヌのいろいろを綴ってます。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

真鍮もの
古びた真鍮が好き。買い付けに行くと何回かに一度、ホコリにまぎれてひょっこりと顔をだしていたりする。
まるで救済するかのように大切に取り出して、お互い顔を合わせてニンマリしてしまう。
見つかるのは主に鍵や金具、カトラリー、缶など。私の目はどうも小さいものばかり目がいくようだ。
同じ買い付けのおっちゃん達には姉ちゃんの欲しいもんは分からんって、いつも言われてしまうけど。
狙いが違うし、おっちゃん達も私一人なんて問題外だろう。その分、おっちゃん達の奥深い骨董話は横で聞いていても面白い。あそこまでになろうと思えば、見て触って失敗してを積み重ねないといけないのかも知れない。ルーペ姿が絵になることが夢である私は、そんな話を聞きながら直に勉強させてもらえるのは有り難い。真鍮
古い缶
先日にすっかり夏日和って書きながら、またまた冷える日。我が家は奈良独特の格子の家で、夏は格子戸からの風がひんやりとして気持ちがいいのですけど、古い建物だけに冬は寒い!昨夜は片付けてしまったストーブを再び出してしまいました^^;

ジュエヌは古道具と手作りのお店で最近はすっかり鹿ばかりが目立ってしまっていますが、どれも大切なジュエヌのアイテムです。それぞれが集まって一つのカタチになっているのかも知れません。来月でジュエヌをオープンして五年、この場所にアトリエをもって8年、モノつくりを仕事にして21年。あっという間に時間が経ってしまっていました。アンティーク集めは20代頃はイギリスやフランスの蚤の市によく行きました。当時はブレッド缶が人気で今でも5つぐらい現役で使っています。ホーローや缶はいくつあっても嬉しくなってしまいます。かごがいくつあってもいいくらい☆

ジュエヌでは日本の古道具を中心に買い付けています。この前行った買い付けでは見事に缶が集まる日で、いろいろな古い缶を見つけましたよ。中でも小さな缶はおすすめです。裁縫箱にしてもいいし、救急箱っていうのもいいかも。古道具好きには、古びた鉄の錆び加減ってなんともいえないですね☆缶